猫SAA(血清アミロイドA)の測定が院内でできるようになりました。

人や犬では、炎症の程度を知るためにCRPというたんぱく質を測定しますが、猫ではCRPの測定値で炎症の程度を知ることができません。そこで、猫でも炎症の程度を知ることのできる指標としてSAA(血清アミロイドA)というたんぱく質が注目されるようになりました。以前は外注検査に出していましたが、10月からクイックラッセイという器械を導入し、院内で猫SAAの検査が可能となりました。猫の急性膵炎などの炎症性疾患が心配な方はご相談ください。