SFTSが疑われる場合のご来院について

県内でSFTSの猫や犬が発生しています。マダニの寄生にご注意ください。

次のような症状がる場合、マダニの咬傷により感染するSFTS(重症熱性血小板減少症症候群)の疑いがあります。

1.外に行く犬や猫でまったく食欲・元気がない

2.下痢・嘔吐などの消化器症状がある

3.発熱があるまたはありそう(ご家庭で測るのは難しいかもしれません)

4.尿が異常に黄色い

このような症状がある場合には、いきなりご来院せずにまずお電話にてご相談ください。また、面倒を見ている飼い主の方も感染する危険性があります。排泄物や唾液などの体液には直接触らないようにして、適切な感染防御を行うことをお勧めいたします。参考にしてください。重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について (mhlw.go.jp)