SFTS(重症熱性血小板減少症症候群)感染予防つきまして

先月、静岡県西部地方でSFTS(重症熱性血小板減少症症候群)の猫感染例が報告されています。SFTSは、マダニの吸血によりウイルスが感染します。人にも感染し、重篤な場合は死亡することもあります。犬の感染例も報告されていますが、猫の症例が多く報告されています。発熱、貧血、衰弱、黄疸が主な症状です。猫は、基本的に屋内で飼育し、ノミ・ダニ駆除剤の投与をお勧めします。また、感染した犬や猫から人への感染も報告されていますので、動物が体調不良の場合には診察にご来院ください。私たちスタッフへの感染予防のため、グローブやゴーグルを装着して診察に臨む場合もありますが、何卒ご理解をお願いいたします。